« 村上春樹/安西水丸『日出る国の工場』 | Accueil | ジェイ・マキナニー『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』 »

16 février 2005

筒井康隆『最後の伝令』

四谷の小さなCMプロダクションいたころ、同僚のコグレくんにすすめられて筒井康隆を読むようになった。7年前のことである。

杉並に引っ越してから、朝夕の電車が混むのでなるべく文庫本を読もうと思うのだが、ここのところ単行本が多い。

『最後の伝令』には「死」をテーマにした短編がいくつかおさめられている。もちろんSF、ファンタジー、実験的試みなどバラエティに富んでいるLPのような本であるが、仮にこの本にレコードジャケットをつくるならば、やはりビジュアル・イメージは「死」なのだろうと思う。

久しぶりに楽しませてもらった。コグレくんはもう読んだだろうか。
(1993.5.16)

|

« 村上春樹/安西水丸『日出る国の工場』 | Accueil | ジェイ・マキナニー『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89695/6497754

Voici les sites qui parlent de 筒井康隆『最後の伝令』:

« 村上春樹/安西水丸『日出る国の工場』 | Accueil | ジェイ・マキナニー『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』 »