« 湯本香樹実『ポプラの秋』 | Accueil | よしもとばなな『王国その3ひみつの花園』 »

20 janvier 2006

竹内一郎『人は見た目が9割』

昔、上司にコミュニケーションの7割は声の大きさ、2割は雰囲気、内容は1割だと教わったことがある。「見た目」と呼ばれるノンバーバル・コミュニケーションの割合は以前から着目されていたのだろう。で、どちらかといえばかなり学術的な分析がなされた本だと思って手にとった。正直言ったところ。
実際読んでみると演劇、マンガ(著者の専門分野といえばそれまでだが)からの事例が多く、わかりやすいといえばわかりやすいし、物足りないといえば物足りない。なんでノンバーバルコミュニケーションの比率が大きいのよってところを知りたかったんだけど、それはもっと別の本を読みなさいってことでしょうか。

|

« 湯本香樹実『ポプラの秋』 | Accueil | よしもとばなな『王国その3ひみつの花園』 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89695/8656947

Voici les sites qui parlent de 竹内一郎『人は見た目が9割』:

« 湯本香樹実『ポプラの秋』 | Accueil | よしもとばなな『王国その3ひみつの花園』 »