« 村上玄一『わかる・読ませる小さな文章』 | Accueil | 松瀬学『清宮克幸・春口廣対論指導力』 »

26 mars 2006

藤原正彦『祖国とは国語』

藤原正彦の本が売れているらしい。『国家の品格』という新書が大ヒットだという。そんなこんなで名前を知ったのだが、この人はあの新田次郎のご子息なんだそうだ。ちょっとした文才のある数学者なんだとばかり思っていた。
数学者でありながら、国語教育の重要性を真摯に説くあたりに著者の懐の深さというか、見識の幅広さを感じるのであるが、この本の構成もまた実に巧みだなと思ってしまう。
祖国とは血でも国土でもなく、国語なのだ力強く訴えたかと思うと軽妙な文章で科学をめぐるエッセイを家族という舞台で展開する。そして最後は自らの生まれた“祖国”満州を訪ねる紀行文と実になかなか、なのである。

|

« 村上玄一『わかる・読ませる小さな文章』 | Accueil | 松瀬学『清宮克幸・春口廣対論指導力』 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89695/9332014

Voici les sites qui parlent de 藤原正彦『祖国とは国語』:

« 村上玄一『わかる・読ませる小さな文章』 | Accueil | 松瀬学『清宮克幸・春口廣対論指導力』 »