« 清水義範『スラスラ書ける!ビジネス文書』 | Accueil | 鮎川久雄『40歳からのピアノ入門』 »

28 avril 2006

藤原正彦『国家の品格』

著者の論が今注目されているのは、ややもすれば、誤解をまねかざるを得ない言葉の数々、その意味を問い直すことで、これまで多くの人々が見失ってきたものに光をあてたからだろう。
たとえば祖国愛。国益主義と誤認される愛国心という言葉は使わない。その見識が本書の太い骨格を支えている。さらにはわれわれが盲目的に信仰してきたであろう「近代合理精神」、「論理」、「自由」、「平等」、そして「民主主義」さえもものの見事に斬る。そして本当にたいせつなものは祖国にある、わが国の伝統、風土に根ざしているという。それがたとえば武士道だというわけだ。
君は日々、仕事に追われ、つきあいに追われ、自分を見失っていないか。君の心のふるさとにあるものを忘れてはいまいか。そういうことを語りかけてくれている本なんだなと思った。

|

« 清水義範『スラスラ書ける!ビジネス文書』 | Accueil | 鮎川久雄『40歳からのピアノ入門』 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89695/9801200

Voici les sites qui parlent de 藤原正彦『国家の品格』:

« 清水義範『スラスラ書ける!ビジネス文書』 | Accueil | 鮎川久雄『40歳からのピアノ入門』 »