« 昭和の広告展 | Accueil | 福岡伸一『生物と無生物のあいだ』 »

20 août 2007

辻啓一『フランスの「美しい村」を訪ねて』

NHKのラジオフランス語講座のテキストの巻頭に続・「フランスのちょっと気になる町・寄ってみたい村」というカラーページが連載されている。旅行ガイドではなかなか取り上げられないような「渋い」地方の集落が毎号紹介されているのだが、これがなんとも旅情をそそる。たいていは旅行者にとって不便なところにあって、ぼくみたいに車で25メートルも走れない者にはどうやってたどり着いたらいいのか皆目見当の着かない町や村なのだ。前回南仏を訪れたときもそれなりに小さな町をまわったつもりだが、著者の紹介する美しい村は、その比じゃないように思える。
著者は一橋を出て、日本企業の駐在員として渡仏し、そのまま居着いてしまったようだが、「ぼく」を「ボク」と表記するのはいかがなものかとは思うものの、文章も簡潔にして流麗で、美しい村のシズルを巧みに伝えている。
もともとは『マリ・クレール・ジャポン』に連載されたもので、ラ・ロッシュ・ギヨン、ジェルブロワ、リヨンス・ラ・フォレ、リックヴィール、ミッテルベルカイム、サン・キラン、ノワイエール・シュル・スラン、ヴェズレー、シャトーヌフ、ペム、シャルー、ゴルド、ラ・ガルド・アデマール、ペルージュ、モンブラン・レ・バン、セギュレ、ミルマンド、コロンジュ・ラ・ルージュ、カレンナック、ラカペル・マリヴァル、モンパジエ、モンフランカン、オーヴィラー、ソーヴテール・ドゥ・ルエルグ、コンク、サレールの計26の村が紹介されている。そしてこれらの村は『フランスの最も美しい村々 Les Plus Beaux Villages de France 』というアソシエーションの厳しい条件をクリアしているという。どこかの美しい国とは全然違うわけだ。
この美しい村々は2003年時点で144あるそうだ。中には鉄道とバスで行けるところもあるに違いない。

|

« 昭和の広告展 | Accueil | 福岡伸一『生物と無生物のあいだ』 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89695/16176555

Voici les sites qui parlent de 辻啓一『フランスの「美しい村」を訪ねて』:

« 昭和の広告展 | Accueil | 福岡伸一『生物と無生物のあいだ』 »