« 紅山雪夫『フランスものしり紀行』 | Accueil | 成毛眞『本は10冊同時に読め!』 »

02 juin 2008

梨木香歩『エンジェル エンジェル エンジェル』

つくづく、思う。よくできている小説だなあ、と。
おばあちゃんと孫娘というのは、この人の基本構図なのだが、その関係の描き方において『西の魔女が死んだ』とはまたひとつランクアップしている。
孫の生きている時代(おそらく現代)と祖母の生きている時代とを織りなす微妙な演出(たとえば旧仮名で綴るなど)もさることながら、ラストに向かって一気に糸のもつれを解き放つ瞬発力、余計な描写を省いて一気に読み進めていける上、時代の違い(つまりは考証的なこと)に煩わせることなく進展していく構成のシンプルさ。
そういえば、長女がイチオシ、みたいなことを言ってたっけ。

|

« 紅山雪夫『フランスものしり紀行』 | Accueil | 成毛眞『本は10冊同時に読め!』 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89695/41365633

Voici les sites qui parlent de 梨木香歩『エンジェル エンジェル エンジェル』:

« 紅山雪夫『フランスものしり紀行』 | Accueil | 成毛眞『本は10冊同時に読め!』 »