« 小川糸『食堂かたつむり』 | Accueil | 二宮清純『プロ野球の一流たち』 »

07 juillet 2008

小倉孝誠『パリとセーヌ川』

テーマがちゃんとしていると本は読んでいて面白い。
著者はセーヌ川をパリ論の中心に据えて、歴史、旅、文学、映画、絵画とさまざまジャンルに飛翔し、セーヌとパリを顧みる。幅広い知識と読書量が支える仕事だ。
ぼくはどちらかといえば、フランスにもし旅できたとしても、パリにはよほど余裕がない限り、とどまるつもりはないと思っていた。それよりも見てまわりたい地方の村々がいくらでもあるからだ。でもこの本を読んで、まあパリにも3日くらい充てたほうがいいかもな、などと獲らぬ狸の旅程表を書き直してみたりするのである。

|

« 小川糸『食堂かたつむり』 | Accueil | 二宮清純『プロ野球の一流たち』 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89695/41742674

Voici les sites qui parlent de 小倉孝誠『パリとセーヌ川』:

« 小川糸『食堂かたつむり』 | Accueil | 二宮清純『プロ野球の一流たち』 »