« 小野俊哉『V9巨人のデータ分析』 | Accueil | 重松清『ビタミンF』 »

28 juillet 2009

芥川龍之介『蜘蛛の糸・杜子春・トロッコ他十七編』

高校野球西東京大会は準決勝。本命の日大三は忌野清志郎の母校ということで俄然注目の集まる都立日野に苦戦を強いられた。6回表まで2-6とリードされ、1点差とした7回には4番にバントをさせるなりふりかまわない必死の攻撃。これが功を奏して敵失で逆転。かろうじて1点差で逃げ切った。日野は左打者の多い日大三を相手に右サイドスローの控え投手を先発させる奇襲に出たが、わずかに及ばなかった。スタンドから流れる「雨上がりの夜空に」とエラーで失点を招いた一塁手の泣き崩れる姿が印象的だった。
第二試合は都立小平対日大二。ノーシード同士の組合せになった。投手陣の乱調でタイムリーなしで4点を先攻した日大二が振り切った。
明日は東東京の決勝。都立雪谷は一度優勝を経験しているだけに旋風を巻き起こすだけの都立校とは違う。帝京にとっては侮れない存在だ。

梅雨に逆戻りしたような天気が続くが、世の中は夏休みだ。
中学高校の6年間にほとんど本を読まなかったせいで、「●●文庫の100冊」みたいなパンフレットの中に読んだ本が如何に少ないことか。そんな反省を込めて、ときどき読む日本と世界の名作プロジェクトの第二弾として選んだのが芥川龍之介。これもたまたま高校生の娘の書棚にあっただけなんだけどね。
それはともかく、名作はいい。

|

« 小野俊哉『V9巨人のデータ分析』 | Accueil | 重松清『ビタミンF』 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89695/45598239

Voici les sites qui parlent de 芥川龍之介『蜘蛛の糸・杜子春・トロッコ他十七編』:

« 小野俊哉『V9巨人のデータ分析』 | Accueil | 重松清『ビタミンF』 »