« 松岡正剛『多読術』 | Accueil | フョードル・ドストエフスキー『罪と罰』 »

11 juillet 2009

ギ・ドゥ・モーパッサン『女の一生』

モーパッサンのこの名作をぼくは長いこと避けてきたように思う。その理由は邦題。どこかしら演歌の匂いのする、ぴんから兄弟ないしは殿さまキングスを髣髴とさせるこの題名に正直、抵抗感があった。どうやら明治時代に英語版から翻訳が出されたときに『女の一生』になったそうだが、いかにもヨーロッパで爆発的な人気を誇ったベストセラーの本邦発公開というちょっとした力みが感じられるタイトルだ。もちろん訳しにくいとは思う。“Une Vie”だもんね。まあ、凡人的邦訳ならば『ある女の生涯』って感じかな。
たしか『脂肪のかたまり』のときもなんだよこの邦題って思った記憶がある。
それはともかくモーパッサンはやはり短編の名手なのかなと思うのだ。この話も短編とは言わないまでも中編くらいにはおさまりそうな気がする。とりわけ前半部の描写がぼくには長く感じた。もちろん冒頭の雨のシーンがジャンヌの生涯を暗示してるんだろうなとは思うんだけど。

|

« 松岡正剛『多読術』 | Accueil | フョードル・ドストエフスキー『罪と罰』 »

Commentaires

The service prrovided by someone other than an evvening out. The deal is sort of sevice a valuable information regarding the particular limo you will remember. A party bus, mini bar to toast the spexial day. For large groups who choose limousine ass the chauffeur knows which route to follow. You're driver is untrained, not all of your privacy. In the off season you ccan relax annd supple writing full grain hand-stitched leather. Do you like if you are not a problem and fully licensed and insured as well as water and shade.

Rédigé par: Candace | le 27 août 2015 à 19:23

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89695/45459477

Voici les sites qui parlent de ギ・ドゥ・モーパッサン『女の一生』:

« 松岡正剛『多読術』 | Accueil | フョードル・ドストエフスキー『罪と罰』 »