« 藤村和夫『蕎麦屋のしきたり』 | Accueil | 司馬遼太郎『最後の将軍』 »

08 septembre 2010

長嶋茂雄『野球へのラブレター』

清水義範の短編に「いわゆるひとつのトータル的な長嶋節」という名作があり、それによると長嶋は野球の天才であり、解説者としての彼は「本能的にわかっている非常に高度なことを、なんとか説明しようと最大の努力をする」のだそうだ。それがいわゆるひとつの長嶋節になってしまう。それは長嶋の「言語能力が低いのではなく、伝えたい内容が高すぎる」からであるという。アインシュタインが子どもに相対性理論を教えるようなものらしい。
本書は野球に関する雑話と著者自身述べているように系統的でなかったり、思いつきであったり、いかにも長嶋茂雄らしい一冊だと思う。
長嶋茂雄は現役時代を知るぼくにはスタープレーヤーであったし、自らの引退後低迷する巨人軍の監督でもあった。その後浪人時代は文化人的な活動をしていたが、やはりこの人はユニフォームを着てなんぼの人なのだろう、第2期監督時代が(現役時代を除けば)いちばん輝いていたのではないだろうか。
なによりも長嶋の素晴らしいところは過剰を超えてあふれ出る自意識だ。ゴロのさばき方、ヘルメットの飛ばし方、エラーの演出、胴上げのされ方まできちんと計算しているスターなのである。そして彼の資質の中でさらにすごいのがグラブのように、バットのように、ピッチャー新浦やバッター淡口のように巧みにあやつる“言葉”ではなかろうか。“メークドラマ”、“メークミラクル”、“勝利の方程式”など長嶋茂雄の造語は多い。これらの言葉は意味をもつというより、意図を感じさせる役割を果たしている。天才の思いを共有するためのコミュニケーションツールになっている。
そういった意味からすれば長嶋の“言葉”に接することができたぼくらはなんて幸せなんだろうといわざるを得ない。

|

« 藤村和夫『蕎麦屋のしきたり』 | Accueil | 司馬遼太郎『最後の将軍』 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89695/49314487

Voici les sites qui parlent de 長嶋茂雄『野球へのラブレター』:

» 【ドラマ】漫画『ハヤテのごとく!』が台湾で実写ドラマ化、主人公の綾崎ハヤテ役はジョージ・フー(28) [中学生でもできる。ブログメルマガアフィリエイトで毎日稼ぐ秘密の方法]
畑健二郎の「ハヤテのごとく!」が、台湾のテレビ局GTV及び制作会社・ 可米國際によって実写ドラマ化されることが発表された。 主人公・綾崎ハヤテ役を演じるのは、台湾の人気アイドルジョージ・フーに 決定。ドラマの内容は原作マンガの設定を引き継ぎつつ、オリジナル ストーリーを展開する予定だ。他のキャストも発表が待たれる。 「ハヤテのごとく!」の原作は、週刊少年サンデー(小学館)にて連載中。 多額の借金を背... [Lire la suite]

Notifié le le 08 septembre 2010 à 18:52

« 藤村和夫『蕎麦屋のしきたり』 | Accueil | 司馬遼太郎『最後の将軍』 »