« 佐藤達郎『教えて!カンヌ国際広告祭』 | Accueil | 小林信彦『昭和の東京、平成の東京』 »

14 décembre 2010

朝倉かすみ『田村はまだか』

Tug0_3
このブログに対して、いろいろアドバイスをいただくことが少なからずある。
たとえば、もっと写真とか画像を入れてみたらどうかとか、文章量を減らしたり、行間をあけたりして読みやすくしてはどうかとか、著者名、書名だけでなく出版社とか発行年とかも入れてくださいとか。ぼくも映画評論をするイラストレーターよろしく、名場面を絵にしたらどうかと考えたこともある。絵を描くことはある意味ぼくの職業でもあるのだが、絵を描くだけが仕事ではないのでちょっと負荷がかかりすぎる。まあたまにならいいかもしれないけど。
まことにありがたいサジェスチョンの数々ではあります。そのうちにいくつかは実現していきたいと思っています。
あと、もっと本のことを書いてください、なんて方もいるんですけど、まあこのブログはぼくの個人的な備忘録的な意味合いもあり(それがほぼすべて?)、もちろん読みやすく、読む人すべてにわかりやすく、ためになることをめざしたいとは思うのですが、今は自分のことだけで精一杯なのです。
それでもこのブログを読んで、同じ本を読みました、なんて言われるとちょっとうれしかったりする。
この本はイラストレーター井筒啓之の装丁が気に入って読んでみた。最近文庫化されたようだが、ぼくはたまたま図書館で単行本を見かけたのでそちらのほうを読んだ(たぶん内容的に異なるところはないはずだ)。
後半にやってくる事件がちょっと劇的すぎると思うが、こんなストーリーを映画化したらそこそこヒットするんじゃないかな。アラフォーには受けるかも。
キャストを考えるだけでもちょっと楽しい。

|

« 佐藤達郎『教えて!カンヌ国際広告祭』 | Accueil | 小林信彦『昭和の東京、平成の東京』 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




« 佐藤達郎『教えて!カンヌ国際広告祭』 | Accueil | 小林信彦『昭和の東京、平成の東京』 »