« 川本三郎『我もまた渚を枕』 | Accueil | 長谷川裕行『Wordのイライラ根こそぎ解消術』 »

29 janvier 2011

山際淳司『スローカーブを、もう一球』

Tama_river_3
選抜高校野球の出場校が決まった。
全国10地区から何校か選ばれるわけだから、だいたい昨秋の地区大会の上位校が出場する。その枠内では“選抜”は難しいことではない。議論されるのはたとえば関西地区のように6校を選ばなければならない場合のベスト8ののこり4校から2校を選りすぐるときだろう。京都成章などは僅差で準々決勝敗退だったので評価が高いというわけだ。加古川北も優勝した天理と好ゲームをした点が評価されている。同じようなことが関東にもいえて、ベスト8から前橋育英が選ばれた。
1980年頃の本を読んでみたいと思った。
『Sports Graphic Number』が創刊されたのが1980年。それまでのスポーツ紙の延長線上にあったジャーナリズムとは異質なメディアの誕生だった。スポーツはそれ自体がドラマであると同時にメディアにおいてもドラマになった。
おそらく山際淳司はその先鞭を着けたひとりだろう。
こうして30年の時をへだてて読んでみると当時からすでにスポーツを志す若者たちは“さめていた”んだなと思う。ドライで割りきりのはやい若者たち。おそらくぼくたちもそんな風に生きていたに違いない。
同時代に生きた選手たち(江夏は世代的には上であるが)は今ごろ何をしているのだろう。
1980年頃の本。そこにはなにがしか昭和の残骸が残っているような気がする。
そんなにおいに惹きつけられてやまないのである。


|

« 川本三郎『我もまた渚を枕』 | Accueil | 長谷川裕行『Wordのイライラ根こそぎ解消術』 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




« 川本三郎『我もまた渚を枕』 | Accueil | 長谷川裕行『Wordのイライラ根こそぎ解消術』 »