« 野口冨士男編『荷風随筆集』 | Accueil | 坂崎重盛『東京文芸散歩』 »

07 juin 2011

武藤康史編『林芙美子随筆集』

Kaimono2
おっちゃんの話をしよう。
おっちゃんはたしか、小学校3年のとき、自転車で坂道を下り、車にはねられ、大けがをした。長い療養生活のあと学校に戻ってきて、5~6年時、同じクラスになった。それまで面識も接点もなかったので事故以前のおっちゃんに関してはほとんど記憶がない。ひとりっ子で、いわゆるガリ勉タイプだった気がする。そんな印象しか残っていない。
おっちゃんは手足が若干不自由な上に、言葉も流暢にしゃべれなくなっていた。体育の授業や休み時間の遊びも原則“みそっかす”状態だった。それでも孤立することなく、なんとなく同級生として溶け込んでいた。
ぼくはどういうわけか、おっちゃんに好かれていたと思う。よくおっちゃんのうちに(それは当時よくあった手狭なアパートだったと記憶している)遊びに行った。おっちゃんのお母さんは働いていたと思うが、たまにうちにいて、いっしょに遊んでくれてありがとうみたいなことをなんどもなんども言っていたと思う。
わが子が大事故を起こし、ようやく一命をとりとめ、こうして普通に(とはいってもおっちゃんにもご家族にもかなり不自由な毎日だったと思うけれど)小学校に通い、友だちまで遊びに来てくれている。そんな母親のよろこびなど当時のぼくには知る由もない。ただただ出されたジュースとケーキをむしゃむしゃほおばっていた。
今こうして、まがりなりにも人の親となってはじめて、彼女の気持ちが身にしみてわかる。
林芙美子は難しい言葉を駆使して文章を編むタイプの作家ではない。平易な、わかりやすい小説や随筆を書く。それでいて情熱的なところもあって、そのあたりが大衆受けするのだろうと思う。

|

« 野口冨士男編『荷風随筆集』 | Accueil | 坂崎重盛『東京文芸散歩』 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




« 野口冨士男編『荷風随筆集』 | Accueil | 坂崎重盛『東京文芸散歩』 »