« 佐々木俊尚『仕事するのにオフィスはいらない』 | Accueil | パウロ・コエーリョ『アルケミスト』 »

23 novembre 2012

北真也『クラウド「超」活用術』

Futaba1
大井町線のガード下はずいぶん趣きが変わった。
かつて飲食店や食料品の店が並んだ細い商店街が区画整理され、広い通りになっていた。ガード下にはスナックや居酒屋、定食屋の名残は残ってはいたが、向かい側の店はすっかり道路になってしまったのだ。まるでダムのなかに沈められた集落みたいだ。そしていまやガード下の店も住人も立ち退きを要求されているらしい。すでに解体がはじめられているところもあれば、窓際に抗議の横断幕を提げている家もある。店はどこもベニヤ板でふさがれていた。いまどんな事態になっているのかはここで語る立場ではないが、なつかしいこの町の風景がこれ以上なくなってしまうのは如何ともしがたい思いだ。
このガード下をさらに進むと下神明駅がある。かつて、なかにし礼が住んでいた品川区豊町という町がある。

 下神明の駅から大井町まで電車のガード下の細い道をぶらぶら歩いた。
 いつまでもつづく緩やかな登りの坂道だった。
 電車でひと駅の距離であったが歩くと十分かかる。(なかにし礼『兄弟』)

さてクラウド本も次々に出ているので、できれば新しいものを読みたいとは思うのだが、正直いってどれを読めばいいのかなかなか判断がつかない。Webで達人たちの記事を拾い読みするという方法もあるんだろうけど、一冊通して読むほうがわかりやすい。そういう野暮な期待にこの本はじゅうぶん応えてくれているんじゃないか。

|

« 佐々木俊尚『仕事するのにオフィスはいらない』 | Accueil | パウロ・コエーリョ『アルケミスト』 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




« 佐々木俊尚『仕事するのにオフィスはいらない』 | Accueil | パウロ・コエーリョ『アルケミスト』 »