« 村上春樹『アフターダーク』 | Accueil | 保坂正康、東郷和彦『日本の領土問題』 »

25 mars 2013

博報堂ブランドデザイン『ビジネス寓話50選』

Senjuohashi
仕事って何だろう。
どうでもいいようなことを最近考えさせられた。
今は広告のコンテンツをつくっている。広告会社から依頼され、広告主の利益になるような映像をつくる仕事だ。担当した商品が売れることが結果としていい仕事だったりする。その先のことまでなかなか想像力がはたらかない。その商品を買った人、使った人がどんなにしあわせになっただとか、そういったことをリアルには想像しない。あくまでコンテンツのなかのストーリーづくりのために想像するだけである。映像をつくる。そのためのしあわせ。ほんとうのしあわせではないしあわせを絵に描いているだけ。広告主の利益のためのしあわせ。
先日、バレー部のK先輩宅へ出向いて、無線LANの設定をしてきた。昨年末お孫さんが生まれた。娘さんはカナダ人と結婚し、モントリオールに住んでいる。暮れに先輩はカナダに行って、ご対面を果たしてきたそうだが、世の“じいじ”(本人はGranpaと言っている)というものは孫がかわいくて仕方のないものだ。僕の父もそうだった。とりわけ初孫はそうだ。
先輩はパソコン音痴というわけでもないのだが、基本めんどうなことが嫌いなので、やれエクセルでこんな表をつくりたいとか、自宅にメールで届いた写真を仕事場のパソコンで見るにはどうしたらいいのかとか、てっとり早く答えを聞きたく、しばしば電話をかけてくる。今回の無線LAN設定プロジェクトもそのひとつだ。
今はとにかく便利な世の中でメールで写真や動画が送られてくるのはもちろん、Skypeなどを使えばテレビ電話だってできてしまう。タブレット端末でもあれば、パソコンを起ち上げる手間もいらない。このプロジェクトのポイントはそこにあった(先輩が自分でWebカメラを買ってきてSkypeをつないだのには正直びっくりした)。先輩が奥さんに購入したiPadでSkypeをつなぐ。
作業的にはさほどの困難はなく、光回線終端装置と各部屋に振り分けるHubの間にブロードバンドルーターを設置して、先輩の居住スペースに無線LANのアクセスポイントを置く。ものの一時間ほどで無事開通。そのときの先輩と奥さんのうれしそうな顔ったらなかったなあ。そのうれしさがこっちにもひしひしと伝わってくる。海外で子育てする娘さんだって、よろこぶにちがいない。
こういう感動をもっとうまく人に伝えられたらなあと思うのだ。たとえば寓話にするとかしてね。
それにしても人をしあわせにするってたいせつなことだと、久しぶりに思った。

|

« 村上春樹『アフターダーク』 | Accueil | 保坂正康、東郷和彦『日本の領土問題』 »